【中止】7月30日 ドキュメント映画とパレスチナの味の夕べ

中止


【中止となりました】パレスチナ人映画監督ガビ・ジャンマル氏ご自身が、 「マクルーベ」=ひっくり返った(お鍋)という名前のパレスチナ料理をお作りくださいます。難民」というステータスさえもらえない人々のおはなし。難しいテーマも、まずは知ることから。映画を拝見し、手料理を楽しみながら、アラブ世界に一歩近づいてみませんか。【中止となりました】
20160622-refugeemovie_handbill.png
【中止となりました】

自分の存在を証明できない…そのために、結婚や子供の誕生といったライフ・イベントだけでなく、日々の通勤や学校教育すらもままならない。紙切れひとつに翻弄される人々の姿から、人間が社会に存在する、その意味を問う話題の問題作を上映。


監督のガビ・ジャンマル氏は、パレスチナ人の父、レバノン人の母の間に、内戦前まで、中東のパリと呼ばれたレバノンの首都ベイルートに生まれた。パレスチナ人難民の人権問題を扱うNGO勤務、ドキュメンタリー映画監督、ジャーナリストなどを経て、京都へ移住された、料理好き。


7月30日(土曜日) 18:00〜


御予約は、上 ↑ の 電子メール 又は フォーム リンクからどうぞ

【中止となりました】
  • この記事は 16年06月23日 AM 07時51分 に
  • 分類: 映画上映等 で書き込まれました

[ ↑TOP ]